読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファッションと保険のごちゃ混ぜなブログ

ファッションEC分野で起業を目指す人です。

キーを変えられたら

ここ最近大きい会社と同じ目線で取引が出来そうなのでとてもワクワクしている。

 

それと共にやはり新事業をやっているとやる事も山積していてなかなか忙しい。

 

精神的にやはり疲れも溜まるもので、それを意図的にそして定期的に発散する機会が必要であると考えている。

 

まずは身体を引き締める事、それから私は頭の中でいつもアイデアを考えている方だからどうしても無意識のうちに脳を酷使しているようだ。

なので、マインドフルネスを取り入れる時間も必要であると考えている。

 

ここ最近まぁ金縛りに似たようなものだが、寝るとよく睡眠麻痺になる。

一度目を開けて意識を起こしてまた寝ると大抵よくなるのだが、これが続くのはやはり精神的にストレスが溜まっているのだと思う。

 

元々私は音楽鑑賞がとても好きだ。

 

以前は趣味は何ですか?と聞かれても、特にないです。なんて答えてたりしたのだが、ラジオや街とかで気になる曲が流れていたら、曲名を調べたりYouTubeとかで探したりして見つけた時は何十回と繰り返し聴くほどであるところからするともう趣味なのかもしれない。

 

それと私は小学生の時歌がうまく全校生徒の前で見本に一人で歌わされたりしていた。

声変わりでうまく歌えなくなったのと、思春期なりの恥ずかしさでそういう機会は次第になくなったが、高校になりカラオケに行った時に99点とかを出したのをきっかけにまた歌うのが好きになった。

 

歌自慢はまぁ別に今はいいのだが、とにかく音程のしっかりした歌が好きである。

 

昔はブランキージェットシティなんて聴いていたが笑

 

そして最近はストレス発散にSpotifyに課金して清水翔太さんの歌をエンドレスで聴いている。

そして、通勤中の車の中で必死に声を出して歌っている笑

 

とくにMYBOOや、ONLY ME,ONLY YOUが最強である!後者はそこまで高音はないし比較的歌いやすい。

 

そこで表題になるのだが、歌を歌っていてやはりプロのミュージシャンさんはキーが高めの人が多いので中々声が出なかったりする。

音程が外れることが嫌いなので、何とかキーを合わせられないものかと思っている。

 

つまり、Spotifyさん。

 

キーを変えられるサービスをやって欲しい。

カラオケの練習にもなるし課金者にはキー変更サービスまで提供したら需要あると思うのだが。

 

まぁ声を売りにしている側との権利関係がもしかしたら関わるのかもしれないが。

 

でも是非実装して欲しい。

 

車の中で自分にあったキーで歌いたい!

最強のストレス発散になるのだが。

 

今日は以上なのだが、もひとつ。

 

睡眠はとても大事だからみなさん夜更かしは控えましょう。

一日7-8時間は私は寝ないと次の日キツい。

 

よく根性論でスタートアップは寝ないのが当たり前だとか、いっぱい寝てるやつは起業には不向きだとか書いてる人もいるが本当に偏った考え方だなと私は思う。

 

いや、やっぱり書くのはやめよう笑

 

根性論も間違いではないだろうし、やる事が山積していると睡眠時間も削って然るべきかもしれない。

 

ただ、根性論以外認めない!みたいなのが日本の起業失敗率をあげてるかもしれないと私は思っている。

 

まぁこの辺はもう少し頭が整理できたら書くとするか。笑

 

FINTEC〜〜〜!

面白い時代になってきたぜ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

逆境を乗り越えてこそ一流!

年明けて何度も記事を書こうとしたが保険に税務に忙しいと理由をつけてなかなか書けなかった。

 

確定申告が終わりそれでも忙しいのだが、一息ついて書こうと思う。

 

やはり自分で一から立ち上げた会社でなければ思ったように出来ないというのが最近の感想だ。

 

労力だけは全て背負い、売上は自動的に半分削がれる。

 

これで本当に自分でやっている意味があるのか、、

 

本当に自分のことを信用してもらえているのか?そこすら疑いたくなる気持ちだ。

 

しばらくはこの気持ちを引きずってしまいそうだ。

 

しっかりと足を掴まれて引っぱられている感じがしている。

 

でも帰り際にふと思い出した。

 

真田丸にて真田幸村が、理不尽なことを上から強いられた時も、その状況でどうやって最善を尽くすかだけを考えていたのを思い出しのだ。

 

そう。

 

もう自分の力の及ばないところで変えようのない力学が働いているのだから、そこはもう諦めるしかない。

 

その中でどうやって生き残っていくかを模索しなければならない。

 

ふぅ。

 

よし半ば吐き出したぞ!

 

こちら側だと思っていた人は偽善であることがわかった。

 

そうなると、こちらもあの手この手で戦うしかない。

 

逆境はやる気の燃料にしてやるぜ!

 

収入源はいくつか作ろうと思っていたからいい機会だ。

 

足を引っ張られて同じ土俵で戦わないで済むように戦略を練るとする。

 

収入源は少なくとも3つは確保できるように考えていく。

 

2つめはもう考えているからあと1つ。

 

今回学んだ教訓は人を簡単に信用してはダメだという事。

 

そして、自分が踏ん張るしかないという事!

 

本当にこれでいいのか、、と不安になることも多々あるのだが突き進むしかない。

 

トライアンドエラーじゃあ!

 

 

物事は捉え方次第

仕事の大詰めで皆バタバタしている。

 

私の隣には一つ上の税理士がいる。

 

これがまた厄介な性格の持ち主で、自己顕示欲の塊で、皆にチヤホヤされたいと思っているのがミエミエなのである。

上に立つものならばクライアントの不満などを周りや下のものに漏らすべきではない。

 

たまにならいいが、毎日口を開けば何で俺がこんな仕事しなくちゃならないんだとか、ただでやってんだぞとか平気で愚痴をこぼす本当にどうしようもないやつである。

 

だいたい私はそういうのが鬱陶しいから聞いてないふりをする。

そうすると違うひとにそそくさと気づいて欲しそうに歩いて行って愚痴をこぼしだす。

誰もいないと机に突っ伏してため息をずっとこぼす。

 

それでも私は一切視界に入れず、気にも留めない。また始まったくらいにしか思わないw

 

しかし今日は事情があって私が八つ当たりを食らってしまったという話である。

 

提携先でとてもよくしてくれている士業の先生が別のものに用で弊社に来ていた。

その用が終わった後に、その厄介君にも別件で話がしたいとのことだった。

しかし、厄介君が電話中だったので、電話が終わったら士業の先生が待っていることを伝えてくれと席が隣の私が頼まれた。

 

しかし電話がかなり長く相当の時間待たせてしまっていたのでこれは先に事情を話しに行こうかと思った時に電話が終わった。

 

クライアントに嫌なことを言われたらしくイライラした顔つきだった彼に私が

 

「先生がお待ちみたいですよ。かなり待たせてるので急いだ方がいいかも。」

 

と言ったら、彼に

 

「クライアントから理不尽なこと言われて電話がなかなか切れなかっただけじゃないですか!」

 

と八つ当たりされてしまった。

 

何言ってんだろうこの人と思い再度、

 

「いや、待たせてるんでしょ?早く行った方がいいんじゃないですか?」

 

と伝えると、

 

「だから、クライアントがずっと、、、、ウダウダ。だいたいアポ取ってないのに来たのは向こうでしょ!」

 

もうね。この人は誰が悪いとか、自分は悪くないとかそういう思考の塊なのだなと思った次第である。

 

一般常識的に考えて、いや私個人の考えかもしれないが、客人ををかなり長く待たせているのである。

早急に応接室に行って電話が長くなりすいません、どのような御用でしょうか?

と対応するのがスマートだと私は思った為先のように伝えた。

 

しかし彼には、なんで先生をいつまでも待たせてるんだ?早く行けよ。と言われたと捉えたようである。

 

その後対応が終わった後、案の定電話の愚痴を支部長に愚痴り出し、結局別室に言って1時間以上支部長の時間を無駄にしたのである。

 

 

最後に一言付け加えるとしたら、

 

女性にだけコーヒー買ってくるとか、女性優先でケーキを買ってくるとかそういうのはやめた方がいい。

 

スマートじゃない。

 

わかりやすくいうと、女性がきゃあ!嬉しい!などと喜ぶことはない。むしろ男女どちらにも嫌われやすい。モノは美味しく皆でいただくがw

 

明日も負のオーラの餌食になる人を探すのだろうか。

 

少なくとも私にまた突っかかって来たらスマートに、

 

怒鳴る。

 

 

 

こういう記事はとても参考になる

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/092900020/102500015/?P=1&ST=smart

 

面白い記事だったので、リンクを。

 

うずうずw

新会社の稼働へ向けて日々前進!

10月は中々に充実した日々を送っている。

 

気候も秋らしくなってきて、夜風も心地よく心身ともに良い上昇気流に乗ってきている感じがしている!

 

ふふ。

 

代理店登録のために必要な登記等も昨日無事に終え、登記完了すれば名実ともに取締役に就任という形となる。

 

あれ?代表取締役じゃない!?

 

そう。

 

乗合代理店の諸条件で初年度は私は代表取締役になれないということが発覚したのだ。

 

まぁ私は保険代理店としての仕事が自分の裁量で出来れば別に肩書きにはこだわらないのでどっちでも良い。

 

少しは残念な気持ちもあるけどw

 

まぁそんなこんなで、着実に新会社においても、自身においてもステップアップしている。

 

ここから、保険会社の商品群を頭に叩き込んだりと様々な壁があるがそんなものはヒョイっと乗り越える。

 

先日専門課程の試験があって90分の試験が25分ほどで終わってしまい、抜け出すのも憚られ2回解いたw

 

100点中99点だったから、まぁそれなりに成果がでていると自画自賛しておこう。

 

来年は応用課程という、次の試験が待ち受けている。あ、あと変額保険販売の試験もある。

 

まぁこの辺もちょちょいっと飛び越えるつもりである。

 

社会人で忙しいから中々、、、何て言い訳はしないぜ!

 

グーグルのカレンダーを印刷してスケジュール帳を作っている(安上がりw)が、早々にスケジュールが埋まりつつあり、これから忙しくなるがあまり肩肘張らずにでも貪欲に経営というものをやっていこうと思う次第である。

 

ただ、お酒に非常に弱いのを何とか克服したいw

ビールをコップ1杯飲むともうダメなのであるw

誰か助けてw

やっぱり衣料業界って終わってる。

http://www.apalog.com/kojima/archive/1818

 

もうこの記事が示している事がすべてだと思う。

 

しかし温故知新という言葉が出てきた事に運命を感じるw

 

まだ話せないがいずれ話す時が来る。

 

面白い事になってきた\(^o^)/

非効率を楽しむ

何でも効率が優先される世の中に非効率を楽しむ何て言うと

 

何言ってんだこいつ?とか思われているかもしれない。

 

以前にも書いたかもしれないが、今はどこに行くにも車、近くのスーパーでも車。

調べ物はネット。

何事も効率を求められて、急がされる。

 

そういう人も多いのではないだろうか?

 

私はもっと非効率な事物場所があってもいいんじゃないかと思う。

 

色々と便利になりすぎた世の中。

 

ネットを悪とは言わないが、あまりにもネットに依存する世の中になってしまった。

 

その中で人々が安らぎを求めることとはやはり、非効率な事ではないだろうか。

 

非効率で不便だからこそ、そこに何か便利な世の中にはない事を楽しめる気がする。

 

例えば山登り。

ロープウェイ作ろうと思えばつくれるが、その道中を楽しみ、頂上について美味しい空気や景観を堪能する。

 

車乗り入れ禁止の居住区や観光地にしても、だからこそ自転車に乗ったり、歩いたりして遠くに散歩に出て行ったりする。

そして車の騒音もない。

静かな場所でその時を楽しむ。

 

やはりこういう非効率な事が効率の犠牲になりファッションにしろ楽しめなくなってきている面もあるのではないだろうか。

 

そう考えると欧州がファッションを楽しむ文化が根付いているのも少しうなづける気がする。

楽しむに値する場所が多いんだろう。

 

効率を求める時代はこれからも続いていくかもしれない。

AIが普通に活躍する時代なんてまさにそうだ。

 

しかし、効率が求められるからこそ、非効率を楽しむ時間や場所が今までより出来てくるのかもしれない。

 

私が世の中に便利さを求めるとしたら、非効率を楽しむために効率化を進めてほしい何て思う。

 

ちょっと今回は変かもしれないが、でも本気でそう思っている。

 

そうなればファッションも浪費から変化してnutteのようなサービスがより一層求められるのかもしれない。

 

でも人々の感覚は地方回帰ではないが、そういう方向に向いてきているのかもしれない。

 

秋の夜長にそんな事を思った。

 

さて、本を読もう。

 

ネゴシエーターの頭の中なる本で記事の内容には全く合わない本だw

 

 

余談だが日々慌ただしい生活を送っている人は、日曜夕方6時からEテレであっている、

 

猫のしっぽカエルの手

 

という番組を見てみるといい。

とてもゆったりとした時間を過ごせると思う。