読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファッションと保険のごちゃ混ぜなブログ

ファッションEC分野で起業を目指す人です。

服を画像検索する。

私が今やろうとしているサービスの最終的な着地点は、欲しい服がある時、欲しいと思える服に出会った時、つまり街角ですれ違った人が着ている服がとても素敵で同じようなものが欲しいとか、服屋さんでどうしても欲しい服が見つかった時、そんな時にとりあえ…

不幸の上に成り立つファッション業界

このような記事を見つけました。 headlines.yahoo.co.jp 私はまだまだ知らないことが多すぎるんだなと痛感致しました。 ファストファッションが主流の昨今、こういう現実がある事をもっと知る必要があるのだなと感じました。 生地に関する知識とは生地そのも…

【武井壮氏の大人の学校】勇気をもらった

武井壮氏のfacebookをフォローしていて、大人の学校という番組で登壇されていた時の動画がyoutubeで配信されているとの投稿があり、起床そうそうみてみました。 先日のマツコデラックスという番組でお話しをされていて、この方実はスポーツだけではなくて何…

モノを大切にする

先日メルカリでよくしてもらってる方から購入したベストのボタンが取れてしまいました。これを、自分で針と糸を使って付け直したのですが、先ほど縫製工場の方のブログを見て驚いたのですが、今はほとんど誰も自分でボタンを付け直したりしないそうです。ほ…

アパレル通信販売は販売不調?

ここ最近、zozoタウンから2000円分の割引ポイントがかなりの頻度で送られてきます。何かの記事でzozoタウンの売上が絶好調と拝見しましたが、本当にそうなのだろうか?と少々怪しく感じてしまっています。要はポイントで集客しないとまずいような展開なのか…

ファッションレンタルサービスは普及するのか

つい先日、普段着をレンタルできるサービスがクロスカンパニーという企業からリリースされました。earth&musicという名前を聞けば女性はお分かりかと思います。品質はそれなりの程度ですが、セールを頻繁にやっていて、グループ売上高は1000億を確か超えて…

縫製の工賃から自社の利益を考えてみる

色々と試算してみました。Tシャツだと、生地代で単価350円程度パターン作成、サンプル作成、縫製料、配送費用やOEMの場合はマージン数値は書きませんが、これで計算するとだいたい一枚あたり850円前後のようです。生地代を引くと500円。マージンまで引くと35…

あえて利用時間に制限を設ける

おはようございます。だんだん昼夜の温度差が激しくなってきて、毛布なしでは寒がりの私には堪える季節になってまいりました。そうはいっても、寒さは苦手ですが冬は大好きです。秋といえば家から20分ちょっと車を走らせたところに畑を借りているのですが、…

メイドインジャパンのブランド力

今日ふと思った事なのですが、某サイトで日本製のシャツを初めてのお客様に限り特別価格で販売するとのこと。これはまずメイドインジャパンの商品は他の中国産等に比べて高価値で高価格であるということが前提になっています。もしそれを販売している企業が…

マニュアル対応はNG

先日、オンラインサービスの某オーダーシャツを適当に記事を選び、後は購入だけというところまで作りました。仕上がりイメージをサイト上で確認出来るのですが明らかに服として成り立ちはするだろうけど、チグハグでとても着れたものではない出来のものにな…

普段着をオリジナルで作る。

最近、オンライン上でシャツをオーダー出来るサービスが増えてきました。先日の記事にも書かせていただきましたが、factelier、originalstitchやlafabriclafabricに関しては、シャツだけでなくスーツのオーダーも出来るようで都内であれば、出張採寸も無料で…

注文から到着までのスパン

今FBにて、LaFabricという会社のオーダーシャツを見ていたのですが気になった点がひとつ。今日注文したら、10/2に到着します。とサラッと記載されていました。お試しということで生地固定なので、もしかしたら生地から選ぶ本サービスにらるともっとかかる…

全てをお客様に任せるのは危険

originalstitchの事を考えていて、ふと思った事。お客様に全てを任せるというのは、逆に迷路に誘い込むようなものなのでしょうか。いく通りもの生地を用意しておいて、ある部位をこの生地にする!と決めたとして、別の部位を決めるときに、同じ生地にしたい…

過程と結果どちらにフォーカス?

とうとうファクトリエさんが、オーダーシャツのEC販売を開始したようです。襟型、カフス、ポケットの有無を選択し、自分だけのシャツが作れるようです。実は同じようなサービスにOriginalStitchというものがありますが、こちらも自分にあったシャツがネット…

佐野研二郎にみるデザインの難しさ

今時の人である方、佐野研二郎氏の事は誰しもご存知であると思いますが、本当か嘘かという点は抜きにして、彼や彼のスタッフをどう思うかは人それぞれ違うと思います。メディアではそもそも悪として記事に書かれていますし、大半の人はその記事を元に善悪の…