ファッションと保険のごちゃ混ぜなブログ

ファッションEC分野で起業を目指す人です。

全てをお客様に任せるのは危険

originalstitchの事を考えていて、ふと思った事。

お客様に全てを任せるというのは、逆に迷路に誘い込むようなものなのでしょうか。

いく通りもの生地を用意しておいて、ある部位をこの生地にする!と決めたとして、別の部位を決めるときに、同じ生地にしたいのに、どの生地を選んだのかわからなくなってしまった。
こうなると戻って探し直すとか手間がかかるわけですね。

ということは、どこどこの部位と同じ生地を選択するという選択肢を設けるといった、道筋から外れない仕組みづくりが必要となるのですね。

なるほど、勉強になります。

それでも基本的に顧客は基本的に煩わしさや考えないといけない事はすぐに諦める傾向があるとすると、

最悪あと一歩で完成というところで投げ出してしまう人達をフォローする仕組みが必要になる。

とすれば、そもそも既製品を用意しておくのがいいのかもしれません。


何だか競合?にヒント書いてるような気がしなくもないですが...


そんな事を思いついたので記事にしておきます。