ファッションと保険のごちゃ混ぜなブログ

ファッションEC分野で起業を目指す人です。

あえて利用時間に制限を設ける

おはようございます。
だんだん昼夜の温度差が激しくなってきて、毛布なしでは寒がりの私には堪える季節になってまいりました。

そうはいっても、寒さは苦手ですが冬は大好きです。


秋といえば家から20分ちょっと車を走らせたところに畑を借りているのですが、秋野菜をいくらか植えました。
春野菜に比べて水をあげる頻度も少なくていいので、鍋に入れてやろうとか今から考えております。

畑に行く途中にある、日の出屋の唐揚げを買って食べるのが楽しみになっています。

醤油?とにんにくが効いていて、ジュワッとした食感と味は絶品です。

唐揚げ弁当300円と、価格もリーズナブルで、作業着を着たお兄様方や、事務職員のような方々から、ファミリーまで様々なお客さんが並んでいます。

しかし開店時間が何と10時から14時までという圧倒的な短時間営業。

後半に行くとご飯が売り切れて、唐揚げのみとなることもしばしばです。


更に最初営業カレンダーをみたとき驚愕したのですが、一日の営業時間の短さもさることながら、一ヶ月の営業時間もなかなかのものです。

日祝は休みなのです。

シルバーウィークのこの期間でさえ、休みです。

日曜におにぎりをこしらえて、から揚げを買いに行ったら閉まっていて、
えー?普通火曜日とか月曜日とかその辺に休みにして日祝は普通稼ぎ時では。。
と嘆いたのを思い出します。


それがどういう意図からなのかはさて置き...

私は最も簡素化していえば、ファッション商品をEC販売するというサービスをしようと準備しているのですが、

私のサービスは朝の6時くらいから、夜の0時で閉店にしようかな?と考えています。

ネットは今や24時間365日稼働していて、未成年からいい大人まで、街を歩けばみんなスマホいじりに熱中しています。

その目線の先に私のサービスが動いていれば確かに嬉しいものですが、でも過度のネット依存社会は少し違うのかなと最近は考えています。

ネットに過度に依存することによって、悲しいことが起きていることも事実で、LINEを使ったイジメや、某掲示板で有る事無い事いいあったり。

それは使う人のモラルの話という考えもあるかもしれませんが、

あまりの便利さ、楽しさからモラルを考えられない人が増えているのも事実だと思います。

では、ネットは無くなってしまえばいいのか?
といえば、それも違うと思います。
ネットによって可能になった素晴らしい事も探せばたくさんあるはずです。

要するにオンラインとオフラインのバランスが重要だと思うのです。


そういうわけで、サービスの時間を早朝から深夜0時までとし、

夜遅くまでサービスにはまっては欲しくないというのが今の私の考えです。

多分不特定多数の方が株主とかになると機会損失で、とれる利益を逃す事になりますので、絶対に通らない考えですが。

でもそれでいいと思うんです。
利益よりも、利用するお客様のリアルの生活の支障になって欲しくないのです。

商品を手に取るお客様とともに会社を成長させていきたい。

そう思います。