ファッションと保険のごちゃ混ぜなブログ

ファッションEC分野で起業を目指す人です。

年間20億着が廃棄。市場として終わってるような。

可燃ごみ、不燃ごみとして捨てられる服の量は単純計算すると20億着だそうです。

 

今年買った服を着今年捨てる量だそうです。

今年買った服を来年捨てる量は入ってないとのこと。

 

モノを大事にしようとか、シェアするという価値観がだんだん表に出てきていると思っていても、まだまだまだまだ無駄は多いようです。

 

だから、酷な言い方かもしれないけどファッション業界に今までの一般常識で参入しても生き残ることはなかなか厳しそうです。

 

だってもう既に必要量を遥かに上回った供給量が現実としてあって、そこに入り込むことで誰得なのかと。

 

供給して、捨てるサイクルに自社商品を投入するようなものかも。

※あくまで今までの一般常識でのやり方での参入という意味。

 

売れない→セール→売れない前提のモノづくり→粗悪品→プロパー価格で誰も買わない→また売れない

 

悪循環ですねぇ。

 

 

既に捨てられる予定だったものをうまく加工して顧客にプレゼントする企業も出てきたりしているようですが、根本的な解決にはほど遠いのが現実といったところでしょうか。

 

供給量に大きくメスをいれて市場を変えていかないとファッション産業はもたないのは容易に想像できますね!

 

最近のスタートアップには既存のいっぱい作って少ししか売れないといったやり方から脱却しようとしているところがちらほら出てきているようです。

 

 

ファッション産業なんてレッドオーシャンに見えて淘汰されたらあれいつの間にかブルーオーシャン!?

みたいな展開もあり得るわけです。

頭を使わねばなりませんね。

 

 

アパレル関係で大量に解雇された人たちはどこへ向かうのでしょうか。

 

自分でブランドを作って新規参入しようと思う人もいるかもしれませんね!

 

単にファッションが好きだからという理由だけでなく、市場環境をしっかり分析することも大事です。

 

それは、どういう服が売れるかということもだけど、

 

家計におけるファッション購買の位置付けは低いとか、

 

供給量が多すぎる中でどうやって存在意義を示すかとか、

 

 

いろんな角度から考える必要があります。

 

 

 

余談ですが、ネット上でオーダーメイド感覚でシャツが作れるというサービスがちらほら出てきています。

 

一方でシェアするというサービスも出てきています。

 

他市場でもシェアする試みが広がって来ているので、ファッション市場でもシェアに関するサービスはこれからも伸びていくとおもわれます。

 

 

オーダーメイドで自分にピッタリだと、他人とシェアしづらくなるんじゃなかろうかと。

 

 

あえて既製品にこだわりたいと私は思ったりします。

 

私はオーダーメイドに近い既製品をやりたいですね。

ま、サイズ展開を豊富にという事です。笑