読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファッションと保険のごちゃ混ぜなブログ

ファッションEC分野で起業を目指す人です。

ガイアの夜明けでnutteが!しかし、、

今日はガイアの夜明けでnutteさんが取り上げられるということで録画予約!

 

しかし。。

 

容量不足で少ししか写っていなかったという。

 

途中までしか見れなかったのだが、まぁ簡単に言うと、

 

私の想定しているビジネスモデルにとても近いと感じた。

 

日本の縫製職人にとってもとても需要のあるサービスだし、生地業者とのやり取りもやっているようでこれはこの先伸びる事業だなと思った。

 

個人でも自分が書いたイラストで職人に発注できるというのはとてもワクワクするし、ダイレクトに頼むからこそ待ち遠しいとかそういう感情を楽しむこともできる。

 

ガイアの夜明けでは、ファクトリエ、それからシタテルが以前取り上げられていて、今回nutte。

 

これに私はレンタルのairclosetあたりも気になっていたのだが当面メディア露出の多いファクトリエがベンチャーとしては先を行くのかなと予想する。

 

シタテルに関しても大手と手を組んだりしていて気にはなっているが、グローバルな観点で展開を考えてたと記憶しているので、まぁしばらくは成り行きを見守るかなと言ったところだ。

 

何様だよと思われてそうだがw

 

個人的な考えを言えば、ファクトリエもシタテルも魅力的なサービスだがそこまで伸びないのではないかと見ている。

 

ファクトリエは日本の工場を救うというのはいいがそもそもの価格が高い。

もちろん品質は高く、長く愛用できるという点では申し分ない。

しかし、そもそも対象にはしていないかもしれないがマス層は衣服にそこまでのお金をかけられないのではないか。

 

まぁ事業で利益が出せて、買ってくれる人がいればそれでいいというのであれば何も言うことはないわけだが。

 

家計の中で衣服にお金をかけるのは順番的に下位だ。

 

そして、世間の人々はユニクロになれセールに慣れている。

 

だからファクトリエがめちゃくちゃいいと思う層はそこまで増えていかないのではと思っている。

 

シタテルは小売店が、自社製品を作るのに一役買っているわけだが、ガイアの夜明けでの紹介の時は、アパレルメーカーから仕入れた服を見せてそれを改良して売るというケースの紹介だったと記憶している。

 

しかし、疑問なのは小売店側はそれでいいかもしれないが、模倣されるアパレルメーカーは面白くないだろうということ。

 

もしその辺が私の思い過ごしであればシタテルは長期的にも伸びるかもしれない。

 

さて、airclosetに関してはしばらくは個人的には行方を見守りたいと思っている。

 

レンタル事業に関しては、1つめのモデルが成功した後にやろうとしてる事が1つと、

 

レンタル事業そのものがまだまだ未成熟でコストがかかりすぎて、普及するには壁があると踏んでいる。

 

もう少しスキームが出来上がるタイミングまでは様子見といったところ。

 

最後のnutte。

 

これは先にも言ったが、ビジネスモデルが似通っている部分があるので今後も注意深く見ていこうと思っている。

 

まぁしかし現状で問題があるとしたら、認知度が上がってもそれを依頼する需要はそこまで増えていかないのかなと考えている。

いやもちろん、年率150パーセント成長!!!みたいなベンチャーらしい勢いはつくかもしれないが、市場規模の中でみたらそこまで急速にシェアを残すとは考えていない。

 

というのは、個人が頼む場合は少し面倒という感情が先行しそうであることだ。

 

少なくとも私はめんどくさがりやだw

 

個人ではなく業者が小口で発注するというのも少し懐疑的である。

これだけ、衣服が溢れていてブランドが溢れていて、そこに小口でしか作れないブランドが参入したところで認知される前に淘汰されるという可能性の方が高い。

そう考えると、nutteに頼む小口の業者は細々とはいけるかもしれないが長く続くかといったら怪しいと思う。

そうなると掴むべきは個人になっていくのではないだろうか。

 

私ならもっとうまくやれる。

 

nutteの普及の鍵を握るのは、消費者の意識が変化できるかどうかだ。

 

セールで安く、そこそこデザインがいい商品が手に入る現在の状況では、わざわざ自分でこういうのが欲しいと希望してnutteに頼むケースは少ないだろうと思う。

 

ユニクロで済ませてもいいという人は圧倒的にいるわけだ。

ユニクロの事業規模で考えてもわかることだろう。

 

前の記事にも書いたが、そもそも田舎はファッションに拘ってもしょうがないところも多いのだ。

何らかのオシャレをする事が必要な場所というか、したくなるような場所があまりない。

 

この辺は地方創生が普及してくれるしかないわけだが、そうすぐには変わることなんて出来ないから、ファッションに対する感覚というのはなかなか変えるのは難しいだろう。

 

だから最終的には街づくりとファッションを融合出来るサービスもやりたいと理想では思っている。

まだまだ先の話ではあるが、もうやりたい事は出来ている。

 

nutteさんにツイッターフォローしてもらえてたので、何かしら今後のきっかけがつかめてもらえればこれ幸いである。

 

何様だよって思われてるかもw

 

余談にはなるが、既存のファッション市場のやり方に乗っかった商売は絶対成功しないと確信しているので、そういった意味でもnutteは応援したいと思っている。

 

もう一度言うが、既存のファッション市場に今までと同じように服を作って勝負しようとかいう感性では絶対に成功しないと確信している。

 

何を持って成功なのかはわからないが、生き延びていける事が成功の部類に入るかもしれない。

 

ライトに書くつもりが0時過ぎていたw

では。